メンタルトレーニングについて

練習 メンタルトレーニングの重要性は近年になってやっと重要視されてきました。

一昔前のメンタルトレーニングというと「とにかく練習する事」しかありませんでした。
猛練習を積む事で自分の弱い心を強くする事ができると考えられてきました。

しかし、どんなにつらい練習をしてもピンチになると体が動かなくなったり、ゴロが転がってくるとガチガチになってトンネルしてしまう経験のある選手って多いと思います。

これを俗にイップスといい運動障害の一種なのですが、このイップスは猛練習ではなく、メンタルを強化する事で克服することができます。 ⇒イップスを治療するプログラムへ

春夏の甲子園を見ていると、色々なドラマがありますね。
特に息詰まるような接戦の時は見ているこちらもドキドキハラハラしてしまいますが、出場している選手側はもっと緊張感に包まれていることでしょう。

中にはその重圧に耐えきれなくなり、普段では考えられないミスをしてしまう選手もいます。

大観衆大舞台で本来の力を発揮できない選手の多くは、メンタルトレーニングを取り入れていません。猛練習を積むことがメンタルトレーニングだと勘違いしてしまっている。

それが結果として大舞台のミスにつながり、本人には心の傷となって残っていきます。

このような選手を増やさないためにも、早い段階からメンタルトレーニングは取り入れるべきであると感じます。

これは、野球だけに限らずその後の進路における全てに応用できる事です。強い心を作る。それは、猛練習しても身につかないものなのです。

ここでは平常心を保つ事が出来るメンタルトレーニングをご紹介します。
⇒イップスを治療するプログラムへ