審判のイップスについて

審判野球の公式な試合では、きちんとした審判がつきますが練習試合になると生徒がやったりチーム内の誰かがやらなくてはいけません。
そしてそのほとんどは学生だと後輩がやるはめになります。

いくらスポーツとはいえ、アウトかセーフか、良いか悪いかを判断するのは難しいことです。
特に際どいプレーが多い塁審は重労働になります。

アウトと判断したら先輩に睨まれるし、ベンチからは野次が飛ぶ。かといってどちらか判断しなければいけない。

できる事なら、試合を見に来ている野球に詳しいお父さん達に審判をお願いしたいものです。

少し前にプロ野球で外国人審判の導入がありました。日本とアメリカではストライクゾーンが異なるのですが、選手が外国人審判の判断にクレームをつけすぎて、外国人審判は帰国してしまった事があります。

これはまさに審判イップスで、自らの判断に自信が持てなくなってしまったのでしょう。
プロの審判でもイップスになるのですから後輩が先輩を審判する学生では、よほどの事がないかぎり、精神的に追い詰められる事となります。

しかし、誰かがアウトかセーフかストライクかボールかファールかフェアかを判断しないと試合が成り立たないのも事実です。
その重要な役を任されていると感じて、威厳あるジャッチを下すにはどうしたら良いのか?それにはやはりメンタル力が必要になります。

ここでは判断力と自信を向上させるメンタルトレーニングをご紹介します。
⇒イップスを治療するプログラムへ