サッカー選手のイップス治療法

サッカーはなかなか得点の入らないスポーツです。
バスケットやバレーボールのように、勝つにしても負けるにしても得点を多く重ねるスポーツではありません。言うなればワンチャンスを決めるか決めないかが勝負の分かれ道になります。

テレビで日本代表の試合をよく見ますが、プロの試合でさえ引き分けがあります。それぐらい点を決めるのが難しいスポーツです。

サッカー

日本のサッカーは得点力不足とよく言われています。確かにブラジルやイタリア、スペインなどに比べると、得点数は低いでしょう。それはシュート力はさることながら、シュートを打つ瞬間の気持ちの持ち方に違いがあると思うのです。

試合を見ていて、ブラジルの選手などは迷いがありません。シュートを打って、結果が外れたとしてもまったく気にしていません。
日本の選手はゴール前で絶好の場所でパスを受けたとしても、ゴールを打たずに更に誰かにパスをしようとする姿を見受けられます。その一瞬、脳に責任から逃れたいという信号でも出ているかのように・・

日本のサッカー選手に足りない練習、それはずばりメンタルトレーニングです。

ここでは平常心を保つ事が出来るメンタルトレーニングをご紹介します。
⇒イップスを治療するプログラムへ