ピッチャーのイップスについて

ピッチャー 練習やブルペンで投げる時は調子よくバンバンストライクが入るのに、いざ試合でマウンドに立つとストライクが入らずに死球や押し出しを繰り返す。そんな経験からイップスになってしまった方いませんか?

少し管理人の話をしましょう。
私は中学生の頃、野球部のショートを守っていました。エースの調子が悪い時は2番手ピッチャーとしてマウンドにも立っていました。

ある新人戦県大会でピッチャーとしてスタメン起用されました。その日は全校応援で観客もたくさんいて、私の球の走りもよく、「余裕で勝てる」と試合前は思っていました。

試合が始まってマウンドに立つと、やけにホームベースまでが遠く感じたのを今でも覚えています。1回表だけで押し出し2回、直球がまったくストライクが入らず、カーブはストライクを取れるけど甘く入り、ヒットを打たれて2回表で降板しました。

ショートのポジションに戻った時、悔しさから涙が出て、それを見た相手ベンチから「ショートがんばれ〜」と笑いながらの野次が飛んできました。

それ以来、ピッチャーはやっていません。怖くなってイップスになってしまったのです。

セットポジション仲間には「次は大丈夫だよ」と声をかけられていたけど、自分自身がマウンドに立つことが怖くなってしまってはどうする事もできません。

当時は、自分のマウンド恐怖症がイップスだとは知らなかったので、治療をするなんて考えた事もありませんでした。

昔は練習をたくさん積めば、自分の気持ちの弱さを克服する事が出来ると考えられていました。
でもそれは大きな間違いで、つらい練習をした所で私がマウンドに復帰したかというとしていません。
イップスは投げ込み量を増やすのではなく、メンタル強化をしなければ克服できないのです。

ここではマウンドでも平常心を保つ事が出来るメンタルトレーニングをご紹介します。
⇒イップスを治療するプログラムへ